矯正歯科

矯正歯科 歯を矯正することによる効果面は様々あり、顔つきが変わるほど、見た目は改善されることはもちろん、口腔内メンテナンスが楽になり、むし歯や歯周病予防にも繋がります。

矯正歯科治療のメリット

  • 見た目の美しさ
  • しっかりと噛むことができる
  • 小児矯正では、早期に不正咬合を解消できる
  • 非抜歯でも矯正治療が可能なケースがある
  • むし歯や歯周病になりにくく
  • 発音が改善されるケースがある
  • 体のバランスや運動能力の改善につながる

不正咬合の種類と治療法

上顎前突(出っ歯)の治療法

小児の場合

上下顎のバランスを改善するため、取り外し式装置や簡単な固定式装置を用いて、上顎の成長を抑えたり又は下顎の成長を促したりという土台作りの治療が主になります。

成人の場合

出っ歯が軽度な場合は歯列を後方に下げることで改善しますが、程度が著しい場合は抜歯が必要になります。骨格的なアンバランスが著しい場合は、上顎骨をさげたり下顎骨を前に出したり等の手術を併用した外科矯正治療を行うこともあります。

下顎前突(反対咬合・受け口)の治療法 

小児の場合

取り外し式または固定式の装置を使い、上の前歯を前に押し出して反対咬合を改善します。
骨格的な成長のアンバランスがある場合は、下顎の成長を抑える装着や上顎の前方成長を誘導する装置を使用し、上下顎の成長バランスを整えながら咬み合わせを改善していきます。

成人の場合

基本的にはワイヤーを用い上顎歯列を前に出し下顎歯列を後ろに下げる治療になり、抜歯が必要な場合もあります。
矯正治療だけでは改善が難しい場合や骨格的なアンバランスの改善(下顎をさげたい)をご希望の場合は、外科矯正治療(顎の外科手術を併用した矯正治療)の適用となります。

叢生(八重歯など)の治療法

小児の場合

取り外し式の装置を使用して、顎を広げる治療をおこない永久歯の生えてくるスペースを確保していきます。

成人の場合

歯列を拡大したり、奥歯を後方へさげてスペースをつくり凸凹を整えていきますが、重度の場合は抜歯が必要になります。

開咬の治療法

小児の場合

開咬は、子供のころであれば矯正治療で対応できる場合がほとんどです。

成人の場合

成人の場合、矯正治療で対応できる場合は顎間ゴムを使ってワイヤーの治療をおこなっていきます。
また小児の場合と同様に、根本的な解決を目指すために舌突出壁を克服する訓練も行っていきます。
また程度が著しい場合や骨格的に問題があるなどの場合よっては外科手術を行うこともあります。

空隙歯列(すきっ歯)の治療法

小児の場合

一度診断を行い、もし矯正治療が不要であれば様子を見ていきます。
将来的に矯正治療がもし必要なタイミングがこれば初めて治療を開始するようにしています。

成人の場合

ワイヤーを使用することで、歯と歯の間の隙間を埋めることが出来るように歯の移動をさせていきます。

訪問歯科サイト
一番上に戻る
一番上に戻る
042-426-3790訪問診療

アクセス

京王線調布駅から徒歩4分の歯科医院

電車調布駅東口より徒歩4分

[月・水・木・金]
10:00〜13:00 / 14:30〜19:00
[火]
10:00〜13:00 / 14:30〜17:00
[土・日]
09:30~13:00 / 14:30~17:00

休診日:祝

診察・ご相談のご予約はこちら

お気軽にご相談ください!